FC2ブログ
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都
2005 / 08 / 15 ( Mon ) 16:59:26
硬いガラスのような短編集。

★★★★☆

この本を貸してくれた友達に感謝です。
「永遠の出口」を読んで、私は森さんとは波長が合わないものを感じていたので、彼女が貸してくれなかったら、絶対にこの作品を読もうとはしなかったでしょう。

3編のうちの「アーモンド入りチョコレートのワルツ」だけは、私には理解不能の作品でしたが、ほか2編はすっと心に入ってきました。
「アーモンド…」のサティのおじさん、「アーモンド入りチョコレートのように生きていきなさい」って、一体彼は何が言いたかったのでしょう???

ほかの2編、「子供は眠る」も「彼女のアリア」も、他者理解という同じテーマを持っていると思います。
私とあなたは違うけど、私があなたの前に素直に立てば、あなたの姿も素直に見えるかもしれない。
そんな一瞬をとらえた作品だと思います。

みんな、そういう一瞬を確かに経験してきたけれど、
どこかに忘れてきているのでは。

だからこそ、この2編の少年の姿がまぶしくて、けれどもとてもなじみやすくて、心に残る小品なのではないでしょうか。
スポンサーサイト



森絵都 TB:6 CM:10 admin page top↑
<<七子と七生 * HOME * 「悪意」東野圭吾>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

背中を押してもらえる人がいるって、有難いですね。
私もよくお邪魔する読書ブログさんのエントリのお陰で、絶対にダメだった作家さんの本が読めるようになりました。(笑)

この短編集では「彼女のアリア」が一番好きでした。藤谷さんみたいな女の子を「虚言癖のある子」とは呼んで欲しくな~い!
by: 眠り猫 * 2005/08/16 21:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

眠り猫さん、おはよっ♪

>背中を押してもらえる人がいるって、有難いですね。

本当に。
今度はお礼を込めて私から本を貸そうと思っています。何にしようかなと思案中。これがまた、楽しい♪

「彼女のアリア」の藤谷さん、あれは一種の才能ですよね。
それも人のために使っている。
これこそ本当のタレントだわって私も思いました。
腹を立てながらも自分を振り返る不眠症の男の子も、いいヤツじゃんって思いました。
by: そら * 2005/08/17 12:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは!
こちらからもTBさせていただきました。
本当に似たものを感じていらして読んでいて嬉しかったです。
森さんはまだ1作しか読んでいませんが、これからちょこちょこ出会った時に読んでみたいです。なかなか図書館で見つからないので人気ある作家さんなんでしょうね。

また遊びに参りますね。
これからどうぞよろしくお願いいたします。
by: リサ * 2005/08/21 21:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

りささん、コメント&TBありがとうございました♪

私も、また機会があったら読んでみたいと思います。

読みたい本がたくさんあって、うれしい悲鳴です(^o^)

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。


by: そら * 2005/08/21 21:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

どもども!そらさんも読んでたんすね
いやーいいっすよね森さん。
他のも読んでみたくなりましたよーー
オレも意外な印象だったけど(笑)

アーモンド入りチェコレートのように。。
なんでしょうね?
よくわかんないとか、って書いてありましたよね~
チョコがワルツを踊っちまうくらい陽気にいこうぜ!!
ならいいかもですね(笑)
読者に考えさせてるんでしょうかね?
by: じゅん * 2005/11/03 00:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

じゅんさん、おはよっ♪

絶対に手に取らないような本が意外とおもしろかったりすると、
貸してくれた人に感謝v-421したくなるよね。
レンタルモノ、WELCOME♪だわv-315

>チョコがワルツを踊っちまうくらい陽気にいこうぜ!!
お~!それくらい分かりやすく言ってくれたら、
私だって分かったのにv-8
by: そら * 2005/11/03 11:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんにちは^^。
わたしも、「アーモンド~」がちょっとよくわかんなかったです・・・。
お仲間がいて嬉しいです。
他の2作が、すごくよかっただけに、ちょっと残念でした。
トラバさせてくださいね。では。
by: ゆうき * 2005/11/28 23:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆうきさん、おはよっ♪
おひさしぶりですv-290
おぉ~、ゆうきさんも、「アーモンド…」がよく分からなかったのね!!!
初めてのお仲間です(笑)
ということで、こちらからもTBさせていただきます!
これはぜひともさせていただかなくては♪
by: そら * 2005/11/29 08:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

私もサティのおじさんの言っている事は分からなかったです^^;
「彼女のアリア」が1番好きですね。
主人公の少年が素直で純情な感じがします^^
ラストの仲直りがかわいらしかったです。
by: 苗坊 * 2005/12/10 22:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん、おはよっ♪
わ~い、コメント&TBありがとうv-315
サティのおじさんが分かんないよ~の人、もう1人発見(^o^)

「彼女のアリア」、私も好きでしたよ~♪
男の子もいいヤツじゃん、と思いましたし、人を喜ばせたくてどんどん作り話をしていく藤谷さんも、何だかとっても好きでした。
>ラストの仲直りがかわいらしかったです。
うんうん、ホントに!!!v-290

硬いガラスみたいにキラキラとした作品でしたね♪
by: そら * 2005/12/11 08:55 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/90-df59696a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アーモンド入りチョコレートのワルツ
「新本格」強化月間ですが、ちょっと一休みして、森絵都さんの「アーモンド入りチョコレートのワルツ」を楽しみました。出版社:角川書店ISBN:4043791011出版社 / 著者からの内容紹介十三・十四・十五歳。きらめく季... Gotaku*Log【2005/08/16 20:09】
『アーモンド入りチョコレートのワルツ』森絵都/角川文庫
アーモンド入りチョコレートのワルツ森 絵都角川書店2005-06-25by G-Tools十三・十四・十五歳。きらめく季節は静かに訪れ、ふいに終わる。シューマン、バッハ、サティ、三つのピアノ曲のやさしい調べにのせて、多感な少年と少女の二度と戻らない「あのころ」に語りかける珠玉 ひなたでゆるり【2005/08/21 21:02】
アーモンド入りチョコレートのワルツ
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都シューマン・バッハ・サティの曲が副題?についた3つの短編集。「子どもは眠る」  いとこ5人のある夏のお話。「彼女のアリア」  不眠症の少年とある女の子のお話。「アーモンド入り~~」  ピ... 読書感想文 と ブツブツバナシ【2005/11/03 00:51】
アーモンド入りチョコレートのワルツ 森絵都
アーモンド入りチョコレートのワルツ森 絵都 角川書店 2005-06-25by G-Tools3つのピアノ曲をもとにした3つの短編。もともとは児童文学だったようですが、大人が読んでも、いい本です。文庫落ちした表紙、すごく素敵。好みだな。森さんらしく、どれも、大人と子供の境界線 IN MY BOOK by ゆうき【2005/11/28 23:52】
アーモンド入りチョコレートのワルツ 森絵都
アーモンド入りチョコレートのワルツ「子どもは眠る ロベルト=シューマン<子どもの情景>より」恭、智明、ナスとじゃがまる。そして章の5人の従兄弟たちは、毎年夏休みに章の家の別荘で、2週間を過ごす。恭が中学生になり、どうして1番年上の章があんなにえば.... 苗坊の読書日記【2005/12/10 22:13】
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都
タイトル:アーモンド入りチョコレートのワルツ著者  :森絵都出版社 :角川文庫読書期間:2006/11/10 - 2006/11/13お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]ピアノ教室に突然現れた奇妙なフランス人のおじさんをめぐる表題作の他、少年たちだけで過ごす海辺の別 AOCHAN-Blog【2006/11/25 20:07】
* HOME *