スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「家日和」 奥田英朗
2010 / 08 / 12 ( Thu ) 11:08:21
再読です。
なぜ再読かというと。
『グレープフルーツ・モンスター』が気になったから(!)


会社が倒産して家事に目覚めた夫。ネットオークションに、はまる専業主婦。凸凹夫婦の不思議な人生の波長。いつもどおりの“家”にだって、ドラマティックな出来事はある! 家って、やっぱり面白い。(Amazonより)



現実に女の人が,
好きでない,どちらかというと好みでない男性をエサに(?)
淫夢に耽ることって本当にあるのか???
って話になったんですけど。
私,このお話,あまり覚えていなかったので,読み直してみました。

…なんか寂しいお話でした。
ちょっと胸にすきま風がスースーしました。

主人公の主婦は,現実と妄想をきっちり区別してるのよね。
現実なんておいておいて,
自分の世界(妄想)を充実させ,楽しみたいと思っている。
だから現実の担当者の嫌な部分をわざとのように意識して,
それをストッパーにしている節もあったりして。
日常生活をぶち壊したいというほどの強い気持ちはさらさらないけれど,
密やかな,ちょっとした華やぎがほしかったりして。
…まぁ,その結果の行為として淫夢ですからねぇ。。。
なかなか「共感できる」とは言い難い作品ですし,
何だかイタイ気もしますが。
すぐ隣にある世界…みたいな感じでした。

【こちらの記事も♪】
鞄に二冊


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

奥田英朗 TB:1 CM:14 admin page top↑
<<6月~8月に読んだ本 * HOME * 「ひまわり事件」 荻原浩>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆ひさびさ・・・◆

本ネタで投稿・・・

といいながら再読ばかりしています。

新しい本も買ったりしているのですが、

読まずに(食べないで)スーツケースに放りこんでます。

(10月にあちゃらで暇なときに読む予定)

朱川湊人さんや道尾秀介さんや真梨幸子さんの本です。
by: 一陽 * 2010/08/13 10:19 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,おはよっ♪

新しい本は,10月のお楽しみ♪なのね(*^_^*)

> 朱川湊人さんや道尾秀介さんや真梨幸子さんの本です。

道尾さんの本はド暗くなるのもあるから,セレクトにはご注意を♪

あ。朱川さん,私も読んでみようと思ってたんだった。忘れてた('◇')ゞ
思い出させてくれて,ありがと~\(^o^)/

by: そら * 2010/08/15 10:08 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆お久しぶりです◆

これ、私もちょっと前に読みました。
共感はできないけど、同じ町内にいそうな人たち…という感じでした。
「大人のコミック」の小説版という印象を持ちました(一つ一つの作品はほとんど覚えていないかも)。
この人の「東京物語」は面白かったよ。

一陽ちゃんがこれから読む(?)真梨さんの「ふたり狂い」はそらちゃんが読んだらどんな感想を持つかしら?とちょっと興味があります(「更年期少女」も)。
by: バジル * 2010/08/16 18:20 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆道尾さんの本◆

一冊だけにしとくつもり・・・

有名な『向日葵』がなんたらって本だけです。

朱川さんは2冊ゲット。

真梨さんは実はまだゲットしてなくて。。。

本屋さんで探しています。

(最近大きな本屋に行っていないので会社の近くの

本屋でうろうろ。。。)
by: 一陽 * 2010/08/17 00:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

バジルさん,こんにちはっ♪

> 共感はできないけど、同じ町内にいそうな人たち…という感じでした。

私,ネットオークションに嵌る主婦のお話は,ちょっと共感できたよ♪
全体的にプラスオーラに包まれていて,なんか「くすっ」という感じでした。

「東京物語」ねっ!
何だか元気の出る短編集だったなぁ。
「東京物語」がおもしろかったバジルさんには,
『マドンナ』もオススメかも。
40代のサラリーマンの短編集で,ちょっとかわいいの♪

「ふたり狂い」ですか。
図書館に予約してみました♪
オススメありがと~\(^o^)/
by: そら * 2010/08/17 17:30 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,こんにちはっ♪

> 有名な『向日葵』がなんたらって本だけです。

これかぁ。。。。
これねぇ。。。
私,オススメしません(>_<)
旅先でどんよりしてどーする!って感じ…かも。。。
読むんだったら「カラスの親指」をど~ぞ♪
(と推してみる^^)

by: そら * 2010/08/17 17:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆え。。。。◆

そうなのね。

それじゃ、今から読んじゃおう。。。

実はここだけの話作家さん本人をこの間TVで

見かけて。。。うーーーむ、と思ってしまったの。

何でかはここには書きませんが。

それより朱川さんの本をもう一冊発見したところで

それは持っていこうとおもいまする。

真梨さんはまだ見付からないよぉ。。。
by: 一陽 * 2010/08/18 21:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,おはよっ♪

> 何でかはここには書きませんが。

すごーく気になる(=^▽^=)
by: そら * 2010/08/19 09:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ええとねぇ。。。◆

まだ青い人だなというか。。。

と一瞬感じてしまったの。

読んでないのにそういうのも変だけど。

真梨さんは二冊とも古書でゲットしましたぁ。

読まずにスーツケース行きが増えすぎても荷物が重くなるので

何冊かは読んじゃおうかと思っている今日この頃・・・
by: 一陽 * 2010/08/20 09:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん♪

> まだ青い人だなというか。。。
>
> と一瞬感じてしまったの。
>
> 読んでないのにそういうのも変だけど。

いや。よく分かる(*^_^*)
まだね,考え方も感じ方も若い…という印象を,
私も持ってます。
これから化けるんじゃないかなぁ…
と思って読んでいるのって,
ちょっとタカラヅカに似てるかもね(=^▽^=)
by: そら * 2010/08/20 17:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆読み返されたんですね◆

そらさん、こんばんは。

久しぶりにお邪魔したら、『家日和』のレビューが…

『グレープフルーツ・モンスター』がそれほど気になったんですね。

確かに、これまでに読んだ奥田さんの短編の中では、異色の作品ではありました。

まあ、男性のぼくたちも、「あの子は性格が悪いし、付き合いたいとは思わないけど、一回だけ寝てみたい」なんて、不謹慎な気持ちになることがありますからねえ。
主人公の夢も、それに似たものかなと思います。
by: touch3442 * 2010/08/22 19:44 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

touch3442さん,こんばんはっ♪

> 久しぶりにお邪魔したら、『家日和』のレビューが…
>
> 『グレープフルーツ・モンスター』がそれほど気になったんですね。

あはは!あちらこちらであまりにも評判悪いけど,それほどだったっけ~???と,ちょっと気になりました(*^_^*)

> 「あの子は性格が悪いし、付き合いたいとは思わないけど、一回だけ寝てみたい」なんて、不謹慎な気持ちになることがありますからねえ。
> 主人公の夢も、それに似たものかなと思います。

うーーーん。。。。
…ま,同じっちゃあ同じなんだろうけれど。
決定的に違うんじゃないかなぁと思うのは,
男性の場合,恋人がいても夫婦関係がうまくいっていても,
相手が魅力的だったら,ふと不謹慎にも(^^)そういうことを考えることがあるかもだけど,
女性の場合,幸せなときはそんなこと考えないってところかも。。。
なんて。。。。

…いや,,,,どーなんだろー????

by: そら * 2010/08/25 19:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんばんは!

図書館のたなに偶然みつけたので読んでみたの。
さわやかの代名詞「グレープフルーツ」と 「モンスター」そして 「淫夢」の取り合わせがすごいですね。
「淫夢」って、はじめて聞いたわ…これって意識的に見ることができるのね~って、変なところに感心してしまいました(笑)
全体的に、この作家さん、女性をわかってるようでちょってずれてる感じがしました。
by: 一個 * 2010/09/17 01:12 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一個さん,こんばんはっ♪

> さわやかの代名詞「グレープフルーツ」と 「モンスター」そして 「淫夢」の取り合わせがすごいですね。

一個さんも読まれたのね(*^_^*)

> 「淫夢」って、はじめて聞いたわ…これって意識的に見ることができるのね~って、変なところに感心してしまいました(笑)

意識的に見る夢って,ホント,考えてみると不思議よね~(^^;)
なんとなくこの作品,私にはとても寂しく思えましたよ。
作家さんが女性をわかってるのかわかってないのか,わかんないけど,
(こういう人が実際にいるのかいないのか,わからないけど)
妙に孤独感だけが伝わった作品でした。
孤独…じゃないかな。孤立…なのかも。。。

by: そら * 2010/09/19 19:02 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/916-6213e771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[奥田英朗] こういう夫婦があっていい
奥田英朗、「家日和」(集英社文庫) 奥田英朗は「イン・ザ・プール」で嵌まった。立て続けに「空中ブランコ」「町長選挙」の伊良部シリーズですっかり毒気に当てられ、「東京物語」で完全にやられた。というわけで今は過去の作品を順に読んでいるところ。 短編集。雰囲気と 鞄に二冊【2010/08/20 19:10】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。