スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ソルハ」 帚木蓬生
2010 / 07 / 26 ( Mon ) 18:30:18
読み終わった後,この作品に描かれている登場人物の感覚は,どこまでごく一般的な庶民の感覚なのだろうかと,知りたくなります。
いつの間にか「イスラム教」→「テロ」→「理解不能な人びと」
のようなイメージがついていて,
アフガニスタンに限らず,イスラム教文化圏に住む人の感じ方・考え方を実は全然知らない自分に気づきます。

★★★★☆

1996年9月27日、アフガン政権崩壊。タリバンが首都カブールを制圧―生まれたときから戦争が日常の風景だった少女ビビは、初めてタリバンの厳しい監視下に置かれた生活を送ることに。ビビは何を決意し、生きる支えを持ち続けたのか。若い人へ向け、遺言の意を込めて放つ、渾身の一冊。(Amazonより)




「遺言の意」…って。。。帚木さん,どうしたの?






            

日本の都市部の「一般的な家庭」ってどんなだろう。

家族は4人。祖父母とは同居していない核家族。
父親はサラリーマンで朝早くから夜遅くまで家にいない。
母親は週3回程度パートに出ている。
2人の子どもは
小学生のうちから塾に行き,スイミングやピアノなんかも習っている。
ゲームが好きで,外で遊ぶのも好きだけど,友達みんな忙しくて大勢で遊ぶことはない。

…って感じでしょうか。
でも実際は,「うちは違う」という家庭のほうが多いのでは。

ということを考えると,
ありふれた一般的な家庭って,実はどこにもないんだよなぁという気がします。

同じように,ビビの家庭が「アフガニスタンの一般的な家庭」なのだと勘違いしてはいけないのだろうと思います。

なので,この作品を読んだことで感じること,
例えば,
「アフガニスタンの普通の人たちって,とても勤勉で誠実で,そして家族で穏やかに暮らせることを何より望んでいる,私達にもよく分かる感覚を持っている人たちなのね」
「タリバンの政策はイスラム教の教えに基づいているものではないと,イスラム教信仰者の中でも考えられているものなのね」
「民族間差別は今でもなくなってはいないけど,あってはならないものだということも強く意識されていることなのね」
「一夫多妻制はごく当たり前のこととして,受け入れられているものなのね」

などの感想は,
もしかしたら日本人である作者のフィルターを通した姿
に対して抱いた感想に過ぎなくて,
まるっきり見当違いの感想なのかもしれない…という
拠り所のない不安定な感覚がつきまといます。

自分の中にイメージがない。
イメージするに必要な情報も持ってない。

ということに,改めて気づかされたのでした。

ただ。
イスラム教って戒律がえらく厳しいコワイ宗教…じゃないんだろうなぁということは,
多分真実なのではないかと思います。
お祈りをしていると心が落ち着くというのも,
本当にそうなんだろうなと思います。
世界の中でこんなに広く信仰されている宗教だもの。
宗教は人の気持ちを救うものだもの。
イスラム教・・・どういう宗教なのかしらと,
興味関心が湧いたのでした。



「ソルハ」という言葉は,ダリ語で「平和」という意味だそうです。

平和。。。

皆が望んでいることなのに,何でこんなに難しいんでしょうね~。






スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

帚木蓬生 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「月の恋人」 道尾秀介 * HOME * W杯~決勝>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

はじめまして。
マルアメといいます。

ソルハ で検索したらこのHPにだどりつきました。
図書館で予約をして、昨日借りることができ、
今から読もうと思っています。
自分のブログに本を載せようと思って、検索していました。

うちは主人、アフガニスタンに近いパキスタン出身。
アフガニスタンの60%をしめるパシュトゥン族です。
主人の言葉では、ソルハは平和というよりも、
仲直りという意味でよく使うようです。
もとはダリ語から来ているのですね。

私はこども向けの小説や物語を読むのが好きです。
またこちらに寄らせてもらいますので、よろしく!
by: マルアメ * 2010/08/23 10:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

マルアメさん,はじめまして♪
コメントありがとうございます\(^o^)/

『ソルハ』…
私,日本人が日本にいながらにして書いた作品…というところがちょっと引っかかっています。
アフガニスタンにもイスラム教にも無知な私が言うのもおこがましいのだけれども,何となく。何となーく日本の感性で書かれた感じが拭えなくて(^^;)
ここに書かれている考え方や感じ方のどこまでが,アフガニスタンのふつーなんだろう…と。。。

もしよかったら,マルアメさんの感想も聞かせてくださいね♪

> 主人の言葉では、ソルハは平和というよりも、
> 仲直りという意味でよく使うようです。

そうかぁ。仲直りかぁ。。。
「平和」は,当たらずとも遠からず…って感じですねぇ(^^;)
なるほど。
教えてくださってありがとうございました\(^o^)/

> 私はこども向けの小説や物語を読むのが好きです。

私も,ときどきこども向けの小説や物語を読みます。
マルアメさんのオススメ本を教えていただけると,
とってもうれしいです♪

> またこちらに寄らせてもらいますので、よろしく!

ぜひぜひ!
いつでもお待ちしていま~す\(^o^)/
こちらこそ,よろしくです♪

by: そら * 2010/08/25 20:16 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/918-2ae8070f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。