スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「水滸伝」八~青龍の章
2010 / 10 / 07 ( Thu ) 22:23:37


心強い味方の登場。
梁山泊も死者が多くなってきました。

★★★☆☆

解珍・解宝父子は、祝家荘に大量の兵が入っていることに気づく。官軍が梁山泊の喉元に、巨大な軍事拠点を作ろうとしていたのだった。宋江、呉用らはそれを阻止しようとするが、堅固な守りと、張りめぐらされた罠によって攻め切ることができない。勝利を確信した官軍に対し、梁山泊軍が繰り出した秘策とは。最初の総力戦が、いま幕を開けようとしていた。北方水滸、緊迫の第八巻。 (Amazonより)





            


馬桂,殺されました。
梁山泊がやったように見せかけての青蓮寺。
馬桂が好きになってしまった李富の気持ちを
梁山泊への憎しみに変えるためだそうで。

何ともひどい殺され方だこと。

鄭天寿。
切なかったです。
この巻で一番気持ちが揺れたシーンでした。


楊令の顔が,弟の顔と重なった。
いま,持って帰ってやる。
食いものを,持って帰ってやる。
兄ちゃん,やるだろう。



三荘(独竜岡)の官軍相手に,
解珍・解宝,そして李応が活躍します。
解珍も解宝も,力強い「同志」になるんだろうな。
これから先の活躍が楽しみです。

んでもって,ここぞという大切なときに林冲は戦線離脱。
林冲って戦うことが生きがい!みたいな人だと思っていたけど,
奥さんのことがそれ以上に大切なのね。
奥さんが生きてるうちに伝えられなかったから,
悔いが残っているんでしょうねぇ。
…このシーン,林冲の見せ場というか,
人間・林冲を描いた場面ではあると思うのだけど,
なぜか冷めた目で見てしまいます。
今ごろそんなことしたってさ(-.-)
みたいな気分。

………

「水滸伝」も8巻目。
私,だんだんテンションが下がってきてます。
ここまで読んで,宋江たちがやりたいこと~宋の国をぶっ潰す~の後に来る,新しい国のかたちが何も見えないことに,イラッと来てます。
青蓮寺のほうが,まだ国のかたちを考えているような気さえします。
どこかで出てきた改革案。
役人は権力と財力を持っていた→商人の登場で,財力がなくなった→
賄賂が横行。
の現状を打開するため,

(平たく言えば)役人の給料を上げる

という案は,なかなかおもしろい!と思いました。
できるかどうかは別問題ですが,

賄賂が横行→徹底処分

では片付かない問題だと認識しているところが
新たな視点だと思いました。

ころころ変わる政治家に政治を任せている…と見せかけて,
実は役人が政治を担っているという図式の今の日本も,
これ,いいんじゃないですか…と思いました。
そしたら天下りなんかしなくても,老後は安寧に暮らせるし(笑)

閑話休題。

梁山泊。
「腐敗してるから壊す」程度の感情論では,
反逆だってうまくいかない気がします。
何巻にあったか忘れましたが,「民は草」という言葉がありました。
風になびいて,あっちにそよそよ,こっちにそよそよ。
確かにねと思ったのでした。
そして,この言葉が青蓮寺側で出たことに,
将来を暗示しているような気が。

腐敗した政治に嫌気がさしている民も,
最初は梁山泊の叛徒を熱烈歓迎するでしょうけど,
戦が続けば「バカヤロー」という気分にもなり,
最終的には支持されずに終わるのではないかしらん。

宋江ははた迷惑な旅をして「民の姿を見た」と言っているけど,
どうなんでしょう。。。。

みんなが一生懸命であればあるほど。
イイ奴が次々死んでいってしまうほど。
何とも言えない虚しさがつきまとってしまうのでした。

けど,まだ読みます。
林冲,どうなるか知りたいし(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「悪の教典」上巻 貴志祐介 * HOME * 「初陣」~隠蔽捜査3.5~ 今野敏>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆読書三昧◆

しています。
一日一冊読破の勢い。。。

ずっと読まないでおいておいた有川浩さんの自衛隊3部作
『空の中』『海の底』『塩の街』も全部読んじゃった。
今はみうらじゅん絵いとうせいこう 文の『見仏記』読んでいます。

山の中はひんやりしていて霧が深くて部屋から何も見えません(苦笑)
by: 一陽 * 2010/10/10 13:07 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,外つ国からありがと~\(^o^)/

> 一日一冊読破の勢い。。。

それはすばらしい♪

私,有川浩さんの「図書館戦争」を読んで,「若いな」と感じたので,
それ以降,読んでませんv-356

> 『空の中』『海の底』『塩の街』

おもしろかった?

by: そら * 2010/10/10 20:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

陸海空の3部作ですが、私としては最近の作『阪急電車』よりよく出来た
話だと思いました。図書館戦争は自衛隊三部作と阪急電車の間だよね。

いずれもゴジラやモスラにインスパイヤされたのかなあっていう怪獣もの
ですが、荒唐無稽ながら結構面白くって一気に読んじゃいましたよ。

持ってきた本が数少なくなってしまったけれど、朱川さんの本が残って
いるのと、ダンナさんの村上春樹もあるしで残りの日々も読書三昧か?
by: 一陽 * 2010/10/11 11:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,こんにちはっ♪

>図書館戦争は自衛隊三部作と阪急電車の間だよね。

あら,そうなん?

> いずれもゴジラやモスラにインスパイヤされたのかなあっていう怪獣もの

…なかなかおもしろそうだ\(^o^)/
読んでみようかな♪

> 残りの日々も読書三昧か?

そんなときでもなければ,ゆっくり本も読めないでしょうから,
思う存分,本の世界を楽しんでくださいな♪
おもしろい本があったら,また教えてね~(^o^)/
by: そら * 2010/10/12 10:59 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/936-ceaa90db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。