スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「聖女の救済」 東野圭吾
2010 / 11 / 10 ( Wed ) 19:46:53
次女が学校から借りてきました。
大学の図書館にも,こういうベストセラー本があるんだね~(=^▽^=)

★★★☆☆

男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。 (Amazonより)




ず~っと,どこかで聞いたことある名前だと思っていたら,
湯川先生の友達,草薙刑事と,テレビでお目見えした内海刑事でしたか。
これ,ガリレオシリーズなのね…と,3分の1まで読んで,やっと了解♪

【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記
新・たこの感想文
higeruの読書ログ

            


うーーーーん。何というか。。。
東野さん,「老練の域」に達してきたような。

最初から「解は虚数解。現実にはあり得ない」と,
湯川先生が何度も言っているので,
「これって,あり得ないでしょー!」という推理小説ファンの声を抑えることができています。

そんなところが,
よく分かっていらっしゃるというか,
うまい逃げ方だというか,
何というか。。。。
なのでした。

お話としては,
なかなか怖いお話でした。

生殺与奪権を握ることに喜びを感じちゃってる奥さんって,
なんかどこかにいそうな気もする。。。
そんな怖さ。

久しぶりに東野さんの作品を読みました。
今まで気づかなかったのだけど,
東野さんの作品って,何だか人物が匂ってこない
…って,言ってること,分かります?…
そんなことを思いました。

相変わらずさくさく読めて,
いいんだけどね。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:3 CM:10 admin page top↑
<<「フリーター,家を買う。」 有川浩 * HOME * 9月~10月に読んだ本&本記事一覧>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No Title◆

こんばんは^^TBさせていただきました。
大学でも小説があるところはありますよ~
私の言っていた大学は結構いろいろありました。というか、私がリクエストしまくって増やしていました^^;

この作品は衝撃でした。いろんな意味で怖かったです。トリックも怖かったですし、そのトリックを行うための執念が凄く怖かったです。
でも、旦那には本当に腹が立って「こんな奴死んでしまえ~!!」って酷い事を思っていました^^;
by: 苗坊 * 2010/11/10 23:30 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No Title◆

こんばんは~。
大学図書館に小説ってあるんですね~。と、今、母校の図書館のサイトで資料検索したら、そんなに豊富ではないものの、そこそこあって驚きました。
とりあえず、私が知っている限り唯一の、私の母校の大学をモデルにした作品(著者は、先輩です)がなかったことを確認しました(笑)

苗坊さんじゃないですけど、義孝が何だかな~……という感じでした。綾音さんは、一体、こいつのどこに惹かれたの? と読んでいて感じました。
トリックの奇想天外さ、あり得なさ、というのを含めて凄いと思うだけに、それだけのことをするパワーが沸いてくるまでの部分というのを掘り下げて欲しかったな、と感じます。
by: たこやき * 2010/11/11 00:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こんにちはっ♪

>大学でも小説があるところはありますよ~

そうなんだね~。
私の行ってたところは小難しい専門書ばっかりで,
ぜーんぜんおもしろくなかったよ('◇')ゞ

> 私がリクエストしまくって増やしていました^^;

これ,いいね~v-221
私も,娘を遠隔操作(?)して,読みたい本を入れてもらおうかしらん(=^▽^=)

> この作品は衝撃でした。いろんな意味で怖かったです。トリックも怖かったですし、そのトリックを行うための執念が凄く怖かったです。
> でも、旦那には本当に腹が立って「こんな奴死んでしまえ~!!」って酷い事を思っていました^^;

ダンナは確かにバカヤローなヤツだけど,
私は,死ななきゃいけないほど悪いヤツだとも思えませんでした。
ダンナはある意味正直で,結婚後に豹変したわけでもないからね。
女性のほうから捨てちまえ…と思うんだけど,
このダンナ,そんなに魅力的だったのかなぁ。。。。

この奥さん,

「それでも」と結婚したくなるほど好きになり,
さらには彼は改心してくれるだろうと勝手な希望を抱いてしまった
女性でもあり,

友達の復讐を胸に,
女性の敵とあえて結婚した(そして抹殺を企てた)人でもあり,

なんか多面性を持った方だったので,
もうちょっと深くこの人を描いてくれたら
読み応えあったかも…と思いました。

ま,トリックがトリックなだけに,
静かな狂気…みたいなものは感じられたけどね(*^_^*)

by: そら * 2010/11/11 14:56 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,こんにちはっ♪

>母校の図書館のサイトで資料検索したら、そんなに豊富ではないものの、そこそこあって驚きました。

なるほど資料検索ね…と思って,私も母校の図書館サイトを見てみたら,
「聖女の救済」はなかったけれど「プラチナデータ」は入っていて,
ほかにも意外とたっぷりそろってました(=^▽^=)
知らなかったわ~。

> とりあえず、私が知っている限り唯一の、私の母校の大学をモデルにした作品(著者は、先輩です)がなかったことを確認しました(笑)

あはは!それはリクエストしておいたほうがいいかもよv-8
…って,卒業生もリクエストできるのかなぁ???

> 綾音さんは、一体、こいつのどこに惹かれたの?

うんうん!ずーっと思ってた!

> それだけのことをするパワーが沸いてくるまでの部分というのを掘り下げて欲しかったな、と感じます。

ですね~。
あと,執行猶予期間(?)の1年間の,綾音さんの心の動きとかねv-8

by: そら * 2010/11/11 15:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆久しぶりに◆

TBなんぞしてみました。
相変わらず自分のブログは開店休業状態ですが…。
by: higeru * 2010/11/12 00:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん,こんばんはっ♪
お久しぶりっ!

まぁ,いつでも気が向いたときに遊びに来てね\(^o^)/

> 相変わらず自分のブログは開店休業状態ですが…。

本格営業まで,まったりと待ってま~す♪
by: そら * 2010/11/12 21:54 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No Title◆

そらさん、お久しぶりです!

この本、確か一人目の出産前に図書館で借りた「オール読物」に連載されていて、
最初の難解か読んで「つまらないな・・・」と、思っていました。

その後、ドラマのヒットのすぐ後に単行本になり、
図書館で借りて読んだら、
「あら~ウマくまとめたのね!」という感じに、
結構面白く読めたのを覚えています。

>東野さんの作品って,何だか人物が匂ってこない
>…って,言ってること,分かります?…

そうそう、連載当初、私もそう思いました!
冒頭のホームパーティーなんか、ステレオタイプの金持ち像というか、
安いドラマの中っぽくて、リアリティが無い。。。

思えばガリレオも、
ドラマのおかげで、福山さんの名演のおかげで肉がついたという印象で、
小説のときはイメージが乏しかったような・・・

と、悪く書いたようですが、
このドロドロ感の無さ、が東野さんの良さでもあるのかもしれないですね。
by: nao * 2010/11/14 06:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん,久しぶりっ♪

naoさんって,超能力者???(=^▽^=)
私が,「naoさん,ど~してるかなぁ~」と思った頃に,
コメントくださるのよ♪
と~ってもうれしいっ♪
ありがと~~~~\(^o^)/

>「つまらないな・・・」と、思っていました。

> 「あら~ウマくまとめたのね!」という感じに、
> 結構面白く読めたのを覚えています。

なるほどね~。
確かに少しずつ小出しの連載ものだと,
動きがトロくて面白くなかったかもv-8
この作品は一気に読んだほうがいいかもですね~。

> そうそう、連載当初、私もそう思いました!
> 冒頭のホームパーティーなんか、ステレオタイプの金持ち像というか、
> 安いドラマの中っぽくて、リアリティが無い。。。
>
> 思えばガリレオも、
> ドラマのおかげで、福山さんの名演のおかげで肉がついたという印象で、
> 小説のときはイメージが乏しかったような・・・

お~っ♪
分かっていただけてうれしいです(*^_^*)
そうなのよ。
なーんか「だれかを描いているようで,だれも描いてない」ような,
テレビの世界のような薄っぺらい感じを受けてしまって。。。。

でも,確かにnaoさんおっしゃるように,
このドロドロ感のなさが東野さんの良さなのかもしれないね。
いろんなタイプの作家さんがいらっしゃるのだから,
こういう人がいてもいいのかもしれない。

ただ東野さんの場合,
ここんところ,読者の目というか,世間の目というか,
そういうものを気にしすぎていらっしゃるような感じも受けて,
ご自分の書きたいものを書けているのかなぁと,
余計なことも思ってしまいますが(^^;)

これだけ確固たる地位を築いたのだから,
書きたいものを書いていただきたい…という気もします。
もう,直木賞を気にすることもないしねv-8
by: そら * 2010/11/15 23:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆久しぶりにブログ更新したわ◆

 ひっさしぶりに更新しました。本格営業再開とはいきませんが。(^^; ガリレオネタもちょっとだけ書いてるよ。
by: higeru * 2010/12/27 01:09 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

higeruさん♪

>  ひっさしぶりに更新しました。

ひっさしぶりだと,文章書くのも結構めんどいでしょー?
お疲れさま♪

ガリレオネタ,見に行きますね\(^o^)/
by: そら * 2010/12/28 00:47 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/942-653b9f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
聖女の救済 東野圭吾
聖女の救済 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。 草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。 湯川が推理した真相は&#8212;虚数解。 理論的には考えられても、現実的にはありえない。 ネタバレあり 苗坊の徒然日記【2010/11/10 23:27】
(書評)聖女の救済
著者:東野圭吾 聖女の救済(2008/10/23)東野 圭吾商品詳細を見る IT企業社長である真柴義孝が毒殺された。発見したのは、義孝の不倫相手である宏美。そして、義孝の妻・綾音は、北海道の実家へと帰省... 新・たこの感想文【2010/11/11 00:54】
【東野圭吾】聖女の救済
 先に『ガリレオの苦悩』を読み始めたのだが、雑誌で読んだ3編は後回しにして、こっちに切替えた。これも雑誌連載で読んでおり、奥付を見る限り加筆・修正は無いようなので再読である。  当然ストーリーは分かってしまっているので、今回は重箱の隅をほじくるようなつも... higeruの読書ログ【2010/11/12 00:39】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。