スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「こころげそう」 畠中恵
2011 / 02 / 02 ( Wed ) 20:30:52
これって,まるで「男女9人江戸物語」だわ。
と思っていたら,

副題が,「男女九人お江戸の恋物語」になっていました。
考えることは同じなのね~と思いました。
(Amazon見るまで,副題の存在に気がついていなかった私^^;)

★★★☆☆

江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―幽霊の身となって!神田川でこときれた於ふじと千之助兄妹の死の真相を探るうちに、九人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来への悩みが絡み合ってきて―ほんのりせつない大江戸青春恋物語。 (Amazonより)



登場人物の写真を並べてフリップ作って,矢印入れたくなります。

【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記
新・たこの感想文


            


「こころげそう」,「転げそう」みたいだけど「心化粧」。
口には言わないが,内心恋い焦がれること。だそうです。

なるほど~。

江戸時代を舞台にした若い男女の恋愛物語。

下っ引きの宇多が何度となく呟く,
「うまくいかない」みたいな言葉。
(正確には忘れてしまいました)

ホントにねぇ。

この作品,江戸時代という時代設定がいい感じに効いていると思いました。
同じ作品を現代に置き換えたら,
多分,登場人物たちが素直すぎるというか,きれいすぎるというか,
どろどろしていない部分が欠点のように見えてしまったと思うけど。
ここは江戸時代。
ってことで,
「物語世界」が一つ成立してる。
そんな気がしました。

まぁでも。
親に反対されて結婚できなかったり,
大店の婿として入るために小さなお嬢さんの許嫁になったり,
何だりかんだり。
今より制約が多い分,
想い想われの末の結婚って,なかなかできなかったんでしょうねぇ。

という時代背景にも思いを馳せながら。

ぼて振りの弥太なんて,まるで今のフリーターみたいな扱いだな
とか,
ちょっと現代にも通じるところも感じたのでした。


事件の結末の苦さとともに,
心がキュッとなるようなお話でした。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

畠中恵 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<「つばさものがたり」 雫井脩介 * HOME * 「プリンセス・トヨトミ」 万城目学>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆No title◆

こんばんは^^こちらにも。
結構前に読んだので、忘れかけているのですが。
でも、オススメって私つけていました^^
それぞれの恋の想いが交錯して切なかったです。
by: 苗坊 * 2011/02/02 21:18 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こちらにもありがと~♪

私が読んでる本,大抵苗坊さんの後追いだよね(^-^)v
これからも参考にさせてね♪

> 結構前に読んだので、忘れかけているのですが。
> でも、オススメって私つけていました^^
> それぞれの恋の想いが交錯して切なかったです。

「思い通りにはうまくいかない(-.-)」って恋模様が,
若くて好き(*^_^*)
by: そら * 2011/02/03 13:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆おはよう◆

こちらは遺跡見学に忙しすぎて全く本が読めていません(苦笑)

今回江戸もの(?)を結構買ってきていて読むつもりだったのに。。。
あちゃたの家に置きっぱにして次回(6月8月11月の予定)に読もうっと。
by: 一陽 * 2011/02/04 07:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,こんにちはっ♪

> こちらは遺跡見学に忙しすぎて全く本が読めていません(苦笑)

それもまたよい旅ではないの♪

> 今回江戸もの(?)を結構買ってきていて読むつもりだったのに。。。

何買ったの?(*^_^*)
by: そら * 2011/02/06 13:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆No title◆

こんばんは。

うちのコメントの方にいただいたので感じたのは、この時代と、現在の恋愛観の違い、とか、そういうものでした。
考えてみると、当時って、恋愛っていうのは、「結婚」と完全に結びついていた、っていうのがあるんですよね。現在の場合、恋愛と結婚って、必ずしも結びついていないわけで、「結婚するつもりはないけど、恋人として付き合う」みたいなこともあるわけじゃないですか。

>ぼて振りの弥太なんて,まるで今のフリーターみたいな扱いだなとか,

この辺りなど、それこそ、「恋愛」と「結婚」が「=」で結びついているから、という風にも思うんですよね。
今みたいに、「恋人として付き合う」だけなら……というのがある時代なら、とか思いますし。

「恋愛成就」というのをどう捉えるか、はありますけど、そういうのも含めて、時代が異なると……というのは、今更、思いました。
by: たこやき * 2011/02/06 19:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん、こんばんはっ♪

> この時代と、現在の恋愛観の違い
>当時って、恋愛っていうのは、「結婚」と完全に結びついていた
>現在の場合、恋愛と結婚って、必ずしも結びついていない

私は、
恋愛と結婚が結びついたのは、
現代に入ってからなんじゃないかなぁなんて感じます。
昔は「女性の(男性の場合も同じか^^)仕事」というか。。。
家のためになすべきこと…みたいなところ、あったんじゃないかなぁ。
…という時代感なのですが。

今は恋愛と結婚が結びついているので、
女性はフリーターの男性を見限ることもあるし、
私が稼ぐと頑張ることもある…みたいなねv-8

あるいは、結婚と結びついていない恋愛を、
どこか虚しいと感じたり。。。

…ここまで書いて思ったんだけど、
これって女性の感覚かもね。
娘たちと話していると、
「結婚を(これっぽっちも)意識しない恋愛なんて、中高生まで」
みたいな感じがうかがえるんだけど(*^_^*)

まぁ、それはどーでもいいけれど。


> 時代が異なると

恋愛に関する制約は、やはり江戸時代のほうがキツイだろうと思います。
と。
やっぱり物語として「いい味」になるんだなぁなんて思いましたv-8

by: そら * 2011/02/07 20:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ただいま。。。◆

この本も面白そう。
最近江戸物にはまっています。
宇江佐真理さんの【卵のふわふわ】すごく面白かったです。
【深川恋物語】も読んでみようと思います。
by: 一陽 * 2011/02/08 13:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん、おかえりっ♪

遺跡巡り、楽しかったみたいで何より何より\(^o^)/

> この本も面白そう。

おもしろかったよ。
この方の『しゃばけ』シリーズも、
結構オススメです♪

> 宇江佐真理さんの【卵のふわふわ】すごく面白かったです。

そうそう!一陽ちゃんの日記見て、
私、予約入れたんだ。
多分すぐに来ると思うv-221
by: そら * 2011/02/08 17:35 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/959-37df32c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり 畠中恵
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり オススメ! 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―幽霊の身となって! 神 ... 苗坊の徒然日記【2011/02/02 21:15】
(書評)こころげそう
著者:畠中恵 こころげそう (光文社時代小説文庫)(2010/08/10)畠中 恵商品詳細を見る 下っ引きの宇多、その幼馴染みであり、密かに想いを抱いていた於ふじが、兄・千之助と共に神田川に落ちて死んでいる... 新・たこの感想文【2011/02/06 19:40】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。