スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「水滸伝」十八~乾坤の章 北方謙三
2011 / 04 / 19 ( Tue ) 22:06:19
この辺,ホントに一気読みでした。

★★★★☆

童貫軍の猛攻撃が始まった。呼延灼は秘策をもってそれを迎え撃つ。梁山湖では李俊ひきいる水軍が、巨大な海鰍船と対峙していた。梁山泊に上陸される危険を背負いながら、幾百の船群に挑む。一方、二竜山も陥落の危機を迎えていた。趙安の進攻を一年以上耐え抜いた秦明は、総攻撃を決意する。楊春、解宝が出撃、そして、青面獣の名を継ぐ楊令が初めて騎馬隊の指揮を取る。北方水滸、死戦の十八巻。 (Amazonより)



楊令。いい青年に育ちましたね~。
今後の活躍が楽しみです。

秦明。最後まで軍人でした。
あまりに「らしい」。

「頼むから,乗って逃げてくれ。生涯に一度ぐらい,女を助けた男になりたい」
「俺は,女の命を救いたいのだ。女の命も救えない男に俺をしないでくれ」

林冲。。。。
強さの裏にある弱さに人間味を感じます。

でもなぁ。
まさかなぁ。

な巻でした。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「水滸伝」十九~旌旗の章 北方謙三 * HOME * 「水滸伝」十七~朱雀の章 北方謙三>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/978-213b7fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。