スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「のぼうの城」 和田竜
2011 / 04 / 23 ( Sat ) 15:09:05
おーっ!埼玉が舞台でしたか(*^_^*)
自宅最寄り駅の先にある地名が出てきて親近感♪

★★★☆☆


時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。 (Amazonより)



城代って城主…なの?

この作品,映画化されていますが,
「水攻めシーンが時節柄よろしくない」ということで,
来年秋まで公開延期になったのだとか。

来年になればいいのか?ってところがよく分からないけど,
とりあえずは妥当な判断かと。。。



            

読みながら,司馬遼太郎の本ってこんな感じだったっけ
…なんて思いました。
出典を明らかにしながら物語が紡がれていて、
ドラマというよりドキュメンタリーなこの感じ、
久しぶりに読む歴史小説らしい歴史小説の匂いがします。

(でく)のぼうと呼ばれた男・成田長親。
『水滸伝』でリーダー像についていろいろ思った後だったので,
成田長親の不思議なリーダーシップ(?)が,
なかなか興味深かったです。

領民は,「のぼう様のために」とその人望を慕うわけではなく、
恐怖で従うわけでもない。
「オレがいなきゃ何もできないからなぁ^^;」
「しょうがないなぁ^^;」
みたいな、
いわば保護者のような感覚で彼を助ける。

結局それがいい方向に転がって。

というお話。

「なめんなよ」の民の力が爽快でした。

長親は最後まで不思議な人でした。

おもしろかったです。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

和田竜 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「モンスター」 百田尚樹 * HOME * 本☆記事一覧(工事中^^;)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/981-51a37d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。