スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「パーフェクト・ブルー」宮部みゆき
2005 / 08 / 25 ( Thu ) 18:28:50
随分とタイミングのよい本でした。

★★★★☆

高校野球界のスーパースターがガソリンを全身にかけられ焼死するというショッキングな事件が起こった。たまたま事件現場に行き合わせた弟の進也と、蓮見探偵事務所の調査員・加代子、そして俺――元警察犬のマサは、真相究明に乗り出す。(Amazonより)

高校野球の特殊事情、「部員の不始末は連帯責任として大会辞退を余儀なくされる」ことを逆手に取った策略が出てきます。
探偵事務所の所長であり、加代子の父は、言います。
「それは、単に地区大会に出場するか否かの問題ではない。あの子たちは、この先一生間違った『連帯責任』の意味をしょっていくことになるんです。」
「…高校の野球部員たちには、そんな理不尽な理屈を知って欲しくないのです。彼らには何の責任もない。彼らはいつも公平に戦い、公平に敗れてきた。」

ストーリーから離れ、今取りざたされている駒大苫小牧の部長暴力問題を思いました。
公正に戦った野球部員が勝ち取った優勝を、妙な理屈でねじ曲げないでほしいと思っていたので、宮部さんの文章がコツンと響きました。

この作品は犬のマサの一人称で描かれています。
これには少し違和感があったかな。
けれども、マサが賢く、強く、カッコいい犬であることには変わりありません。

乃南アサさんの「凍える牙」に出てくるオオカミ犬、疾風を思い出しました。
どちらも大好き。

疾風にはもう会えないけれど、マサには続編、「心をとろかすような」があるようです。
うれしいです。
スポンサーサイト
宮部みゆき TB:3 CM:6 admin page top↑
<<「となり町戦争」三崎亜記 * HOME * 「陽気なギャングが地球を回す」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

パーフェクト・ブルーだ!
マサと加代ちゃんと進也。 「心をとろかすような」でも出てきますよ、確か。
今、ピッタリなタイミングで読んだんですね。
疾風は精悍だけど、マサは...。
強くてカッコ良かったっけ?

by: く~ * 2005/08/26 11:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

強かったよ~(^o^)
でも、いろいろぐちゃぐちゃ考える犬だから、ちょっとその辺、ぼやけちゃっていて、
本来の犬の魅力が十分に出されてなかったかもね。

でも、ここぞっていうとき、ちゃんと犬として活躍してるんだから~v-286
賢いし。
表紙のマサはカッコいい…と思うんだけどな~。v-344
by: そら * 2005/08/26 12:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!
また素敵な模様替えなさいましたね~~(^^)

この本はかなり前に読みました。
宮部さんは他に好きな本が一杯ありますが、
彼女の小説に出てくる男の人、良い人が多いけれど、
色気というか、格好良さを感じないんですよね、残念ながら。

でも、この小説の諸岡進也、
「他になくなったものはあるかね?」と訊かれて、
「ないね、プライドのほかは」というセリフ、
めずらしく気が利いているな~と印象に残っています。
他のセリフはわざとらしいものが多いけれど・・・

宮部さんの長編第一作、ということで、
気負いの感じられる小説ですが、
ラストシーンは美しい情景で、好きな作品です。

でも、マサは、おっさんっぽいと思います。


by: nao * 2006/06/13 08:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん、こんにちはっ♪
マサ、おっさんぽい?(*^_^*)
文庫表紙のマサはカッコいいんだけど、妙におっさん臭いんだよね。うん。私も、『心とろかすような』で、認識を改めたのでした。
だけど、見た目はカッコいいんだよ(まだ言ってるv-356

>良い人が多いけれど、
色気というか、格好良さを感じないんですよね
た~しかに!!いい人・は・多いよね。うん。
by: そら * 2006/06/13 15:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆野球物オンタイム◆

読みました。ちょうど五輪で野球負けたばかりで重々しい気持ちで読みましたがワンちゃんと宮部さんの表現の明るさに救われました 深く考えると深刻なテーマですが何か当時の刑事ドラマみたい。テレビは流して見ているけど小説は何かいろいろドーピング問題とか考えてしまします。初長編らしいですがこれ以後の宮部さんの書くペースは驚きでしかも多彩であっぱれです
by: 福田浩司賞味大臣 * 2008/08/24 20:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

福田浩司賞味大臣さん,こんにちはっ♪

>ちょうど五輪で野球負けたばかり

福田浩司賞味大臣さんも,なかなかナイスなタイミングで読まれたのね\(^o^)/

小説だといろいろと考えてしまう…ということは,確かにありますね~。
自分のペースで読めるところがよいのかもね。

>これ以後の宮部さんの書くペースは驚きでしかも多彩であっぱれです

本当に!
宮部さんの作品,最近読んでないなぁ。
彼女の新作は図書館でも引っ張りだこで,予約が多いのが難点です(*^_^*)
by: そら * 2008/08/26 11:14 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/99-06549041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『パーフェクト・ブルー』 宮部みゆき
1989年の作品なので、言葉遣いや小道具などに、若干時代遅れ感があるのは否めないけれど、軸となる「甲子園優勝有望校の不祥事」は、ホットなネタかもしれない。それに絡む事件も、投薬実験によるドーピング疑惑、そして、自動車の欠陥による事故死がキッカケとなったり、宮 *モナミ*【2005/09/02 16:34】
パーフェクト・ブルー 宮部みゆき
高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ、焼き殺されるというショキングな事件が起こった。 俺、元警察犬のマサは、現在の飼... 粋な提案【2009/02/04 14:11】
「パーフェクト・ブルー」【本】宮部みゆき
高校野球界のスーパースターを襲った凄惨な事件と 小切手の謎。 宮部みゆき著「パーフェクト・ブルー」 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常【2010/02/09 20:04】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。