スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ブタのふところ」 小泉吉宏
2011 / 06 / 30 ( Thu ) 19:21:57
マンガです。
なんか深いことが書かれているっぽい気もするけれど,
すごーく当たり前のことを言ってるような気もする私(^^;)

★★☆☆☆

あたりまえのことを、あたりまえと思うにも覚悟がいる。―まだまだ悩めるブタ、シッタカブッタは、ものの見方や心のクセをていねいに笑いながら見ていくことにしました。「欲望」「心配」「根本を忘れる」など、25の項目についてながめていきます。「心」を語るベストセラーマンガ『ブッタとシッタカブッタ』の姉妹編第2作。(Amazonより)



あと10年早く読んでりゃ,
もうちょっと心に響いた…かな(^^;)

私,純粋じゃないからね~と言ったら,
求めてるかどうかなんじゃないかと言われました。
ふみゅ。確かに私,今,「わかりやすい言葉」を求めてはいないのかもしれないなぁと思ったのでした。

            


多分この本,すごーく真理をついている…のだと思います。
でも,「そうとばかりは言えないんでない?」と思ったところが一つだけ。

記憶。

・子どもの頃見た海は大きいと思ったけれど,
 今見たらそうでもなかった。
・子どもの頃通った道は広いと感じていたけど,
 今通ったら狭いところだった。

というエピソードを引いて,
「記憶は過去のものの見方で見た出来事なんだ」
と,この本の主人公・シッタカブッタは思います。

うん。
確かに子どもの頃の記憶と現物があまりに違うってことはよくありますね~。
現実世界とはちょっと異なる過去のものの見方をそのまま引きずってきたってこと,多いかも。
でも,記憶って,「今のものの見方で過去を見た出来事」って側面も,またあるんじゃないかなぁと思うんです。

例えば。

今期のドラマ,『グッドライフ』

自殺した父親が許せない主人公。
思い出すのは,

・自分に薬を飲むことを強要する父親。
・100点取っても仕事に夢中で無視する父親。

けど,主人公の子ども(あれ?こっちが主人公か?^^;)が絡んであーだらこーだらいろいろあって,

・母親に叱られ食事抜きだった主人公にそっとおにぎりをもってきてくれた父親
・2人でラーメン食べているとき,好物のチャーシューを自分の丼に入れてくれた父親
・父親のようになりたいと作文に書いた自分

なんかを思い出す…ってシーンがありました。

まぁ,所詮(?)ドラマですけど。
こういうこと,意外とあるんじゃないかなぁ。

離婚する・しないでもめてる夫婦が,(いや,両方でなくどちらか一方かもしもれないけれど)相手の嫌なことばかり思い出す…みたいな。
ホントはいいことだってあったかもしれないのに。

今,自分が物・事・人をどう位置づけているかという
今住んでいる自分の認識世界次第で,
記憶は抜け落ちることも,しつこく(?)覚えていることもある

のではないかなぁ。。。。

私には,「多分一生会わないだろう」というくらい,
思いっきり派手にすれ違ってしまった人がいるのだけれど,
でもその人は,私が寂しいときに一緒にいてくれた人でもあった
…ってことは,やっぱり忘れたくないなぁと思ったのでした。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

マンガ TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「豆腐小僧その他」 京極夏彦 * HOME * 着物関連いろいろ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆私も読んだことがあります。◆

ブッタとシッタカブッタシリーズは、私も読みましたが、確かに、当たり前のことを、いかにもすごそうに書いている感じはありますね(笑)私の場合は、その当たり前のことが難しかったので、うんうん、とうなずきながら読み入りました。
  ◆◆

おーっ!コメントありがとうございます!
返信が遅くなってすみません(>_<)

>私の場合は、その当たり前のことが難しかったので、うんうん、とうなずきながら読み入りました。

確かにね。当たり前のことって結構できないことが多かったりします。(私の場合^^)
読んだ当時は,「分かっちゃいるけど,それができないんだよ…(-。-;)」って気分になったのかもしれないなぁ。
今もあんまり変わらないけど(^^;)


by: そら * 2013/03/03 19:09 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/995-212101c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。